title

Periploos

お出かけ先を探そう

最新の観光情報

no-image

藤崎家住宅(赤松館)長屋

熊本県

味噌蔵に隣接し真中の門の脇に建つ建物で,かっては下男の居所として使われていた。桁行2間,梁間1間半,切妻造,桟瓦葺の小規模で簡素な建物だが,西隣の味噌蔵や東方の塀と外観を統一し,屋敷の表構えを構成する重要な要素となっている。

no-image

藤崎家住宅(赤松館)主屋

熊本県

江戸時代後期より代々庄屋を務めた大地主の邸宅で,主屋は座敷部を中心に居間,台所・釜屋等の各部からなり,全体で768平方メートルに及ぶ規模を有する。座敷部,居間部の各室は,銘木を用いた巧緻な意匠になり,高い水準の大工技術を示している。

no-image

旧国鉄矢岳駅駅長官舎井戸

熊本県

矢岳駅駅長官舎主屋の東側に位置する石造建造物。溶結凝灰岩の直方体切石を用い,内径1.1m,深さ約4.5mの規模で築かれたもので,現在でも利用されている。僻地に建設された鉄道駅長官舎施設における生活状況を端的に物語る施設。

no-image

九州学院高等学校講堂兼礼拝堂

熊本県

学校の設立者ブラウンを記念して建設された。教会と同様の三身廊式の平面を持ち,白い人造石の柱型と黒モルタルの壁を対比させた正面の意匠に特徴がある。我が国に多数の作品を残した米国人宣教師ヴォーリズの設計で,その作風の一端を示す好例である。

no-image

旧国鉄矢岳駅駅長官舎主屋

熊本県

宮崎県との県境近くJR肥薩線矢岳駅の西方約110mに位置する旧官舎施設。切妻造,平入で,外壁を簓子下見板張とする。桁行4間半,梁間3間半の東面に,桁行2間分台所部分を張り出す。全国的にも残存例が少ない明治期の鉄道官舎建築のひとつ。

no-image

旧熊本回春病院日光回転家屋

熊本県

ハンセン病救済施設内に日光浴を目的として建設された施設。床下5ヶ所に鋳鉄製キャスターを付け、建物全体が回転する。木造平屋建で、面積は4.2㎡。外壁は竪板張で、正面一杯に両開双折戸をたてる。機能に応じた、工夫がみられる建築である。

広告

ことりっぷ ことりっぷ えひめ 南予 (旅行ガイド)
¥880
昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社
ランキング : 997位
Pen+(ペン・プラス) Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 ひとり、京都。 (メディアハウスムック) ペンプラス
¥856
Pen+編集部 (編集)

CCCメディアハウス
ランキング : 136位
知れば楽しい古都散策 知れば楽しい古都散策 鎌倉謎解き街歩き (じっぴコンパクト新書)
¥880
原田 寛 (著)

実業之日本社
ランキング : 754位