title

Periploos

お出かけ先を探そう

最新の観光情報

no-image

旧広野家住宅(角屋)内蔵

三重県

敷地の南西,主屋の背面に建つ。桁行9m,梁間4mの規模で,東西棟,切妻造,本瓦葺の土蔵造2階建。基礎は花崗岩の石積とし,床高を高くとる。平入で,北側壁面に入口を設ける。外壁は簓子下見板張(現鉄板張)。西方からの屋敷景観を形成している。

no-image

旧四日市市立図書館

三重県

地元の実業家熊沢一衛が四日市市に寄付した図書館で,設計は清水組の小笹徳蔵。鉄筋コンクリート造2階建,外観はスクラッチタイル張で比較的窓を大きく取る。繁華街に隣接した場所にあり,現在はこどもの家(児童館)として市民に親しまれている。

no-image

中井家住宅主屋

三重県

市街地の角地に建つ、もと耳鼻咽喉科の医院建築で、木造二階建である。下見板張を基調とする外観は、上下階に並べた窓枠を縦に繋ぐ額縁で垂直線を強調し、上下の窓間を三分割して菱模様を飾るなど、幾何意匠でまとめる。街路のランドマークとなる洋風建築。

no-image

見世土井家住宅主屋

三重県

旧熊野街道に面する山林経営家の住宅。主屋は東西に長く、東端の玄関廻りを洋風意匠として脇に応接間を附属する。西側は和室を並べるが、数寄屋座敷の客間と夫人室を中廊下で仕切るなど時代的特徴を示す。細部にアールデコ意匠を取り入れた、上質な近代住宅。

no-image

見世土井家住宅正門及び塀

三重県

旧街道に面する敷地東辺の南側に正門、旧街道から派生する北側道路に通用門を開き、東辺、南辺、西辺の南側、北辺の東側に塀を廻らせる。塀外観は、主屋洋館部分と同様の色モルタル塗粗面仕上げで、門柱と正門廻りの塀下部をスクラッチタイル貼とする。

no-image

見世土井家住宅納屋

三重県

蔵の西側に東西棟で建つ。桁行七・三メートル梁間三・六メートル、木造平屋建、切妻造桟瓦葺で軒先に雨除けの雁木を設ける。外壁は簓子下見板張で、南面に無双窓が設けられ室内換気が考慮されている。もとは炭部屋と呼ばれ、炭や農具等が保管されていた。

広告

名古屋本 名古屋本 (エイムック 3670)
¥1,018
エイ出版社編集部 (編集)

エイ出版社
ランキング : 671位
ことりっぷ ことりっぷ 香川 高松・小豆島 (旅行ガイド)
¥880
昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社
ランキング : 986位
大人の名古屋 大人の名古屋 Vol.41 名古屋ベストグルメ2018 (MH-MOOK)
¥968


CCCメディアハウス
ランキング : 504位