石清水八幡宮本社 東門

  • TOP
  • 石清水八幡宮本社 東門
no-image

概要

石清水八幡宮は,桂川,宇治川,木津川の三川の合流点にある男山に所在し、貞観2年(860)の創建以来,公家や武家をはじめとして,広く崇敬を集めた。創建後はたびたび社殿を焼失等したものの,その都度復興し,近世初頭には,天正8年(1580)の織田信長による社殿修復に続き,慶長3年(1598)から豊臣秀頼(とよとみひでより)による境内再興が行われた。現在の本社社殿群は,寛永11年(1634)に江戸幕府により造替されたものである。
本殿は,桁行12間の内殿と外殿を前後に並べて複合させた,壮大な規模をもつ八幡造本殿で内の同形式の本殿の中では現存最古で最大規模である。
石清水八幡宮本社の社殿群は,長大な八幡造本殿と,独特な空間構成を持つ幣殿(及び舞殿等を瑞籬や廻廊で囲み,緊密に一体化した比類(ひるい)ない構成になり,古代に成立した荘厳(そうごん)な社殿形式を保持しつつ,近世的な装飾を兼備した完成度の高い近世神社建築として,極めて高い価値を有している。また,創建以来,公武をはじめ社会に広く浸透した八幡信仰の象徴となる社殿として,深い文化史的意義を有している。

基本情報

ジャンル 見る その他 国宝 神社
住所 京都府八幡市八幡高坊
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: ケーブル八幡宮山上駅

近隣の観光スポット

no-image

石清水八幡宮本社 摂社武内社本殿

京都府

石清水八幡宮は,桂川,宇治川,木津川の三川の合流点にある男山に所在し、貞観2年(860)の創建以来,公家や武家をはじめとして,広く崇敬を集めた。創建後はたびたび社殿を焼失等したものの,その都度復興し,近世初頭には,天正8年(1580)の織田信長による社殿修復に続き,慶長3年(1598)から豊臣...

no-image

石燈籠

京都府

鎌倉時代の作品。

広告

ことりっぷ ことりっぷ 沖縄 (まっぷる)
¥660
昭文社 (著)

昭文社
ランキング : 2444位
関東周辺歴史トレッキング 関東周辺歴史トレッキング 攻める山城 50城 山を歩き、山城に出合う旅へいざ出陣!
¥1,650
清野 明 (著),萩原 さちこ (監修)

山と渓谷社
ランキング : 837位
ことりっぷ ことりっぷ 四国 (旅行ガイド)
¥880
昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社; 第2版
ランキング : 511位

ライセンス