野村碧雲荘 台所蔵

  • TOP
  • 野村碧雲荘 台所蔵
no-image

概要

野村碧雲荘は,実業家野村徳七が京都南禅寺に建てた和風別邸で,敷地北辺に沿って大玄関及び能舞台,大書院などが並び建ち,琵琶湖疏水の水を引き込んだ池を囲み,花泛亭などの茶室を配している。
建設年代は,大正6年から昭和3年にかけて建設された。数寄屋大工北村捨次郎が手掛け,木造平屋建,桟瓦葺を基本とし,良材を用いた瀟洒なつくりで,高度な数寄屋技法を用いている。
野村碧雲荘は,借景をいかした庭と調和した近代和風住宅建築として重要であり,特徴ある茶室なども揃って残り,高い価値がある。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 住居
住所 京都府京都市左京区南禅寺下河原町37番2、同南禅寺福地町57番
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 御陵駅

近隣の観光スポット

no-image

野村碧雲荘 洋室及び書斎

京都府

野村碧雲荘は,実業家野村徳七が京都南禅寺に建てた和風別邸で,敷地北辺に沿って大玄関及び能舞台,大書院などが並び建ち,琵琶湖疏水の水を引き込んだ池を囲み,花泛亭などの茶室を配している。 建設年代は,大正6年から昭和3年にかけて建設された。数寄屋大工北村捨次郎が手掛け,木造平屋建,桟瓦葺を基本とし...

no-image

野村碧雲荘 大黒堂

京都府

野村碧雲荘は,実業家野村徳七が京都南禅寺に建てた和風別邸で,敷地北辺に沿って大玄関及び能舞台,大書院などが並び建ち,琵琶湖疏水の水を引き込んだ池を囲み,花泛亭などの茶室を配している。 建設年代は,大正6年から昭和3年にかけて建設された。数寄屋大工北村捨次郎が手掛け,木造平屋建,桟瓦葺を基本とし...

no-image

清流亭 寄付

京都府

清流亭は、南禅寺一帯の別荘地開発を手がけた実業家塚本與三次が建設したもので、庭園を囲むように、建物が配置されている。建築には、数寄屋大工の上坂浅次郎と北村捨次郎があたったと伝える。 表千家残月亭(ざんげつてい)を写した広間の「残月の間」を中心とした主屋は、様々な茶の湯の座敷を集成した建築であり...

広告

PEAKS(ピークス) PEAKS(ピークス) 2020年 2月号 特別付録 山のミニマムウォレット【改】
¥1,100
PEAKS 編集部 (編集)

エイ出版社
ランキング : 104位
関西春Walker2020 関西春Walker2020 ウォーカームック
¥715


KADOKAWA
ランキング : 326位
地球の歩き方MOOK 地球の歩き方MOOK 沖縄の歩き方 2019-20
¥1,009
地球の歩き方編集室 (編集)

ダイヤモンド社
ランキング : 214位

ライセンス