北海道大学農学部植物園・博物館 植物園門衛所

  • TOP
  • 北海道大学農学部植物園・博物館 植物園門衛所
no-image

概要

博物館本館は、明治十五年北海道開拓使が札幌博物場として建てた建物で、同十七年札幌農学校に移管された。明治十九年、植物園として整備され、その後、事務所、門衛所などが建てられ、現在は北海道大学農学部の植物園・博物館として市民に開放され、親しまれている。
博物館本館は、二階建で妻を正面にみせ、破風をハーフ・チンバー風の華やかな意匠としている。陳列棚も当初のものが現在も使われている。事務所は本館にくらべ簡素であるが、しっかりした建物で保存状況がよく、建物と同時期の机や棚等博物館の設備品が現存している。倉庫は博物館の収蔵庫で、本館とほぼ同時期の建物であるが、のちにマンサード屋根に改造している。門衛所は小規模であるが、正面を八角形平面とするなど意匠をこらしている。
植物園の正門脇に建つ門衛所とともに博物館は、本館をはじめ事務所、倉庫など博物館に必要な建築群が現存しており、建築以来の機能を変えていない点でわが国ではもっとも古い博物館である。また設備品等も当初のものが保存され、建物、設備品とも設計図もあって貴重な存在である。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 学校
住所 北海道札幌市中央区北三条西八丁目北海道大学附属植物園内
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: さっぽろ駅

近隣の観光スポット

no-image

北海道大学農学部博物館バチェラー記念館

北海道

重文指定北海道大学農学部博物館本館の西隣に位置する,アイヌ伝道と研究で知られるジョン・バチェラー博士の旧宅。総2階建,全面下見板張,寄棟屋根鉄板葺の洋館。正面1階に出窓,2階に縦長上げ下げ硝子窓が左右対称に配置された簡素で瀟洒な建物。

no-image

北海道大学附属植物園庁舎(旧札幌農学校動植物学教室)

北海道

旧札幌農学校キャンパス内にあったⅠ字型平面からなる動植物講堂の東翼部を移築したもの。木造2階建,漆喰塗大壁。入口はピラスターとモディリオンに支えられた三角ペディメントで飾られる。当時文部省建築掛札幌出張所長の中條精一郎による設計。

no-image

開拓使文書

北海道

開拓使は、明治2年(1869)7月8日に設置された明治政府の機関で、蝦夷地および北蝦夷地(翌月おのおの北海道、樺太と改称)の行政を担当し、同8年千島・樺太交換条約による管轄地域の変遷を経て、同15年まで存続した。 その職務は、明治8年制定の「開拓使職務並事務章程」に記されるように、北海道開拓を...

広告

御朱印でめぐる 御朱印でめぐる 東京のお寺 (地球の歩き方―御朱印シリーズ)
¥1,650
地球の歩き方編集室 (編集)

ダイヤモンド・ビッグ社
ランキング : 073位
男の隠れ家 男の隠れ家 2019年 6月号 No.273
¥693


三栄書房
ランキング : 1位
石垣 石垣 宮古 ストーリーのある島旅案内 (単行本)
¥1,222
セソコマサユキ (著)

JTBパブリッシング
ランキング : 146位

ライセンス