聴竹居(旧藤井厚二自邸) 茶室

  • TOP
  • 聴竹居(旧藤井厚二自邸) 茶室
no-image

概要

聴竹居は,京都帝国大学教授藤井厚二が住宅の理想を追求し,試行を重ねて完成させた自邸である。本屋は昭和3年の建築で,機能性や合理性を重視した平面計画になり,幾何学的形態と和風のしつらえを組み合わせ、洗練された空間を実現している。また妻壁に換気窓を,床下に導気口を設けるなど,室内環境改善の工夫も試みられる。敷地内には,閑寂を楽しむための「閑室」や「茶室」が建てられ,いずれも数寄屋の意匠を基本としながら伝統にとらわれない自由な設計となっている。
聴竹居は,工学的理論に基づいて設計された木造モダニズム住宅の先駆的事例として,住宅史上,建築学上,高い価値が認められる。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 住居
住所 乙訓郡大山崎町大字大山崎小字谷田77番
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 山崎駅

近隣の観光スポット

no-image

離宮八幡宮本殿

京都府

西国街道に面して境内を構える。本殿は、三間社流造、銅板葺で、三方に縁を廻らし、背面柱筋に脇障子をたてる。身舎は内外陣に二分し、内陣前面に板唐戸三所を開き、外陣正面を吹き放つ。蟇股や木鼻の細部を含め、全体を中世風の復古的な意匠でまとめている。

no-image

離宮八幡宮手水所

京都府

中門の南西に南北棟で建つ。切妻造桟瓦葺で、二本の丸柱の前後に控柱をたて、柱上に渡した男梁で桁を受け、屋根を支える。両妻には板蟇股をおいて棟木を受ける。懸魚や蟇股の意匠は境内の他の建物と共通し、復古的な意匠を持つ。洗練された境内景観を演出する。

広告

大人の個室温泉2020 大人の個室温泉2020 (1週間MOOK)
¥1,100
講談社 (編集)

講談社
ランキング : 516位
おとな旅プレミアム おとな旅プレミアム 伊勢・志摩 鳥羽 '19-'20年
¥990
TAC出版編集部 (著)

TAC出版; 19-20年版
ランキング : 614位
日本100名城に行こう 日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき
¥628
日本城郭協会 (監修)

学研プラス
ランキング : 646位

ライセンス