知恩院三門

  • TOP
  • 知恩院三門
no-image

概要

知恩院は,京都東山の山麓にある浄土宗総本山で,伽藍は勢至堂や御廟の建つ上段,本堂など中心建築の建つ中段,三門や塔頭が建ち並ぶ下段からなる。
三門は,徳川秀忠が元和5年(1619)に建立を発意し,元和7年(1621)に完成し,造営に中井家支配の棟梁があたったことが知られる。
形式は五間三戸二階二重門で,左右に山廊が付く。構造細部は禅宗様を基調と
し,二階内部は極彩色を施す。
江戸時代初期における建築技術が最大に発揮され,高い完成度をもつ遺構のひとつとして位置づけられ,建築史上極めて高い価値が認められる。
現存するうち最大の二階二重門で,かつ装飾も荘厳を極め,我が国の社会に広く影響を及ぼした浄土宗総本山の象徴として,深い文化史的意義を有している。

基本情報

ジャンル 見る その他 国宝 寺院
住所 京都府京都市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 東山駅

近隣の観光スポット

広告

ナゴヤ歴史探検 ナゴヤ歴史探検 (ぴあMOOK中部)
¥913


ぴあ
ランキング : 551位
ことりっぷ ことりっぷ えひめ 南予 (旅行ガイド)
¥880
昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社
ランキング : 997位
PEAKS(ピークス) PEAKS(ピークス) 2020年 2月号 特別付録 山のミニマムウォレット【改】
¥1,100
PEAKS 編集部 (編集)

エイ出版社
ランキング : 104位

ライセンス