大谷派本願寺函館別院 本堂

  • TOP
  • 大谷派本願寺函館別院 本堂
no-image

概要

大谷派本願寺函館別院は、明治40年の函館大火で堂宇を焼失した後に、当時帝室技芸員であった伊藤平左衛門九世の設計により鉄筋コンクリート造で再建された寺院建築である。本堂は大正4年11月に竣工し、正面が33メートルと大規模で、平面は典型的な真宗本堂形式としている。
大谷派本願寺函館別院は、鉄筋コンクリート造建築の初期の遺構であり、鉄筋コンクリート造で伝統様式を再現した我が国で最初の寺院建築として高い歴史的価値がある。また、耐火建築として、その後の函館市街地への不燃建築普及の契機となったもので、深い意義が認められる。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 宗教
住所 北海道函館市元町16番15号
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 十字街駅

近隣の観光スポット

no-image

大谷派本願寺函館別院 正門

北海道

大谷派本願寺函館別院は、明治40年の函館大火で堂宇を焼失した後に、当時帝室技芸員であった伊藤平左衛門九世の設計により鉄筋コンクリート造で再建された寺院建築である。本堂は大正4年11月に竣工し、正面が33メートルと大規模で、平面は典型的な真宗本堂形式としている。 大谷派本願寺函館別院は、鉄筋コン...

no-image

五島軒本店旧館

北海道

昭和9年の大火の後に再建された木造及び鉄筋コンクリート造,2階建のレストランで,亀井勝二郎・竹下茂の設計と伝える。質素な外観と対照的な高い腰壁・落ちついた色調の布壁でまとめた格調高い内装に特徴があり,結婚式場にも利用され広く知られている。

no-image

大谷派本願寺函館別院 鐘楼

北海道

大谷派本願寺函館別院は、明治40年の函館大火で堂宇を焼失した後に、当時帝室技芸員であった伊藤平左衛門九世の設計により鉄筋コンクリート造で再建された寺院建築である。本堂は大正4年11月に竣工し、正面が33メートルと大規模で、平面は典型的な真宗本堂形式としている。 大谷派本願寺函館別院は、鉄筋コン...

広告

おとな旅プレミアム おとな旅プレミアム 伊勢・志摩 鳥羽 '19-'20年
¥990
TAC出版編集部 (著)

TAC出版; 19-20年版
ランキング : 614位
男の隠れ家 男の隠れ家 2019年 6月号 No.273
¥693


三栄書房
ランキング : 1位
大阪神戸京都 大阪神戸京都 お茶とお菓子 (エルマガMOOK)
¥968
京阪神エルマガジン社 (編さん)

京阪神エルマガジン社
ランキング : 966位

ライセンス