泉涌寺仏殿

  • TOP
  • 泉涌寺仏殿
no-image

概要

泉涌寺は平安初期の創立であるが、鎌倉時代になって俊〓によって宗風の伽藍ができた。そしてこの寺には皇室の山陵が多く築かれた。 仏殿は寛文九年(一六六九)に完成したもので、大工は中井主水(正知)絵画は狩野探幽であった。中井家は桃山江戸時代京都にあって建築の元締をし、また、主要建築を多く造営した名家であって、正知はその三代目に当る。仏殿は純粋な禅宗建築様式をもっていて、江戸時代としては、その様式を代表する建築である。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 寺院
住所 京都府京都市東山区泉涌寺山内町
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 東福寺駅

近隣の観光スポット

no-image

泉涌寺開山塔及び開山堂 開山堂

京都府

開山塔は俊〓の墓である。無縫塔という形式の石塔(僧侶の墓に用いる形式)で、宗風が強い。この種の塔ではいちばん優れたものである。

広告

大人の個室温泉2020 大人の個室温泉2020 (1週間MOOK)
¥1,100
講談社 (編集)

講談社
ランキング : 516位
奈良の寺社150を歩く 奈良の寺社150を歩く (PHP新書)
¥1,012
槇野 修 (著),山折 哲雄 (監修, 監修)

PHP研究所
ランキング : 153位
Hanako特別編集 Hanako特別編集 最新 鎌倉(マガジンハウスムック)
¥968


マガジンハウス
ランキング : 394位

ライセンス