清流亭 主屋

  • TOP
  • 清流亭 主屋
no-image

概要

清流亭は、南禅寺一帯の別荘地開発を手がけた実業家塚本與三次が建設したもので、庭園を囲むように、建物が配置されている。建築には、数寄屋大工の上坂浅次郎と北村捨次郎があたったと伝える。
表千家残月亭(ざんげつてい)を写した広間の「残月の間」を中心とした主屋は、様々な茶の湯の座敷を集成した建築であり、寄付、立礼席とともに、吟味された材料と熟練した伝統技術を駆使して建てられた、洗練された意匠をもつ和風建築として高い価値が認められる。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 住居
住所 京都府京都市左京区南禅寺下河原町43番5
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 蹴上駅

近隣の観光スポット

広告

名古屋本 名古屋本 (エイムック 3670)
¥1,018
エイ出版社編集部 (編集)

エイ出版社
ランキング : 671位
Casa Casa BRUTUS特別編集 京都
¥1,009
マガジンハウス (編集)

マガジンハウス
ランキング : 685位
日帰り山あるき 日帰り山あるき 東海 (大人の遠足BOOK)
¥1,870


ジェイティビィパブリッシング
ランキング : 338位

ライセンス