清風荘 主屋

  • TOP
  • 清風荘 主屋
no-image

概要

清風荘は鴨川の東、今出川通の北側に所在する。西園寺公望の京都私邸として住友家が建設したもので、大正元年に主屋が完成し、大正3年までに附属の建物が整えられた。
敷地の西半に主屋を中心として建物を配し、東に離れ、北に土蔵と納屋、附属屋、南に茶室、西に正門を設ける。主屋は各部屋を大小の中庭を介して接続し、二階座敷からは東山を望む。いずれの建物も上質の数寄屋建築で、私邸らしい落ち着いた室内意匠である。設計は住友家出入りの八木甚兵衛(二代)により、茶室や供待などを数寄屋大工の上阪浅次郎が手掛けた。
清風荘は、端正な意匠の数寄屋住宅であり、一体として整備された附属施設も残されており、近代和風建築の精華の一つとして重要である。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 住居
住所 京都府京都市左京区田中関田町
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 出町柳駅

近隣の観光スポット

no-image

大和唐古遺跡出土品

京都府

唐古【からこ】遺跡(奈良県磯城【しき】郡田原本【たわらもと】町所在)は弥生式文化時代の大集落遺跡で、大正年間から人物、鹿などの線刻や赤塗の文様を施した土器片が採集されて注目されていた。今回指定されたものは昭和十一・二年の学術調査によって発見された弥生式土器・石器・骨角牙器・土製品等多数の一括遺...

no-image

紙本墨書永昌記

京都府

平安時代の作品。

no-image

清風荘 附属屋

京都府

清風荘は鴨川の東、今出川通の北側に所在する。西園寺公望の京都私邸として住友家が建設したもので、大正元年に主屋が完成し、大正6年までに附属の建物が整えられた。 敷地の西半に主屋を中心として建物を配し、東に離れ、北に土蔵と納屋、附属屋、南に茶室、西に正門を設ける。主屋は各部屋を大小の中庭を介して接...

広告

地球の歩き方MOOK 地球の歩き方MOOK 沖縄の歩き方 2019-20
¥1,009
地球の歩き方編集室 (編集)

ダイヤモンド社
ランキング : 214位
松山 松山 道後温泉 今治 (マニマニ)
¥935


ジェイティビィパブリッシング
ランキング : 182位
京都の通りを歩いて愉しむ 京都の通りを歩いて愉しむ <通>が愛する美味・路地・古刹まで (PHP新書)
¥850
柏井 壽 (著)

PHP研究所
ランキング : 092位

ライセンス