清風荘 第一中門

  • TOP
  • 清風荘 第一中門
no-image

概要

清風荘は鴨川の東、今出川通の北側に所在する。西園寺公望の京都私邸として住友家が建設したもので、大正元年に主屋が完成し、大12年までに附属の建物が整えられた。
敷地の西半に主屋を中心として建物を配し、東に離れ、北に土蔵と納屋、附属屋、南に茶室、西に正門を設ける。主屋は各部屋を大小の中庭を介して接続し、二階座敷からは東山を望む。いずれの建物も上質の数寄屋建築で、私邸らしい落ち着いた室内意匠である。設計は住友家出入りの八木甚兵衛(二代)により、茶室や供待などを数寄屋大工の上阪浅次郎が手掛けた。
清風荘は、端正整備された附属施設も残されており、近代和風建築の精華の一つとして重要である。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 住居
住所 京都府京都市左京区田中関田町
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 出町柳駅

近隣の観光スポット

no-image

知信記〈天承二年春記/〉

京都府

『知信記』は知足院関白藤原忠実の家司で、前項『範国記』の平範国の孫にあたる平知信【たいらのとものぶ】(?-一一四四)の日記である。その現存する記事は大治二年(一一二二)五月より同五年十一月に至る抄録本、および天承二年(長承元年、一一三二)、長承四年の本記が知られている。 本巻は『知信記』の現存...

no-image

桧扇(壬生家伝来)

京都府

壬生家(本姓小槻氏)に伝来した中世の桧扇二握で、そのうち春日行幸次第を記した扇は薄い桧板を用い、三六・七センチの長さで、幅は上部が三・九センチ、下部が二・六センチである。親骨・中骨とも二十五橋(枚)を完存し、上部中央には白絹緘糸の残欠が認められ、要には穴があけられて現在は紙撚を通して結んでいる...

no-image

清原家家学者

京都府

室町時代の作品。

広告

大人の個室温泉2020 大人の個室温泉2020 (1週間MOOK)
¥1,100
講談社 (編集)

講談社
ランキング : 516位
ナゴヤ歴史探検 ナゴヤ歴史探検 (ぴあMOOK中部)
¥913


ぴあ
ランキング : 551位
沖縄 沖縄 完全版2020 (JTBのムック)
¥978
JTBパブリッシング (著)

JTBパブリッシング
ランキング : 473位

ライセンス