清風荘 茶室

  • TOP
  • 清風荘 茶室
no-image

概要

清風荘は鴨川の東、今出川通の北側に所在する。西園寺公望の京都私邸として住友家が建設したもので、大正元年に主屋が完成し、大正9年までに附属の建物が整えられた。
敷地の西半に主屋を中心として建物を配し、東に離れ、北に土蔵と納屋、附属屋、南に茶室、西に正門を設ける。主屋は各部屋を大小の中庭を介して接続し、二階座敷からは東山を望む。いずれの建物も上質の数寄屋建築で、私邸らしい落ち着いた室内意匠である。設計は住友家出入りの八木甚兵衛(二代)により、茶室や供待などを数寄屋大工の上阪浅次郎が手掛けた。
清風荘は、端正、一体として整備された附属施設も残されており、近代和風建築の精華の一つとして重要である。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 住居
住所 京都府京都市左京区田中関田町
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 出町柳駅

近隣の観光スポット

no-image

桧扇(壬生家伝来)

京都府

壬生家(本姓小槻氏)に伝来した中世の桧扇二握で、そのうち春日行幸次第を記した扇は薄い桧板を用い、三六・七センチの長さで、幅は上部が三・九センチ、下部が二・六センチである。親骨・中骨とも二十五橋(枚)を完存し、上部中央には白絹緘糸の残欠が認められ、要には穴があけられて現在は紙撚を通して結んでいる...

no-image

紙本著色聖母十五玄義・聖体秘跡図

京都府

本図は複数の画題からなっている。すなわち、中央には幼子イエスを抱き白バラを持つ聖母像を表し、その下方には聖餅とカリスによって表される聖体と、これを讃仰する四聖人、さらに周囲にはロザリオの十五玄義と称される図を廻らしている。 ロザリオはキリストおよびマリアの生涯から「喜び」「悲しみ」「栄え」の三...

広告

ことりっぷ ことりっぷ 奈良・飛鳥 (旅行ガイド)
¥880
昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社; 3版
ランキング : 368位
松山 松山 道後温泉 今治 (マニマニ)
¥935


ジェイティビィパブリッシング
ランキング : 182位
BRUTUS特別編集 福岡の大正解 BRUTUS特別編集 福岡の大正解
¥568
マガジンハウス (編集)

マガジンハウス
ランキング : 212位

ライセンス