真宗本廟東本願寺 阿弥陀堂門

  • TOP
  • 真宗本廟東本願寺 阿弥陀堂門
no-image

概要

真宗本廟東本願寺は,京都市街に壮大な伽藍を構える本山寺院である。現在の伽藍は元治元年(1864)の焼失後,幕末から昭和にかけて順次再興された。御影堂は明治28年の建立で,23世紀中葉以来の規模と形式を継承しており,我が国最大の平面規模をもつ雄壮な伝統木造建築である。御影堂と並立して両堂形式を構成する阿弥陀堂は,格式高く荘厳な内部空間を備えている。両堂の前には烏丸通に面してそれぞれ門を開き,御影堂門は我が国最大級の二重門である。比類ない規模と高い格式を備えた近代の木造寺院建築

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 宗教
住所 京都府京都市下京区烏丸通七条上る常葉町
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 京都駅

近隣の観光スポット

no-image

若林佛具店

京都府

敷地北端に北面して建つ。桁行6間,梁間10間の規模で,切妻造,桟瓦葺,塗屋造,2階建の店舗で,両袖に袖壁を付す。正面庇下にショーウィンドウを張出し,銅製柱頭飾を持つ付柱や卍崩を基調とした2階窓手摺など,和洋の意匠を取込んだ近代の町家建築。

no-image

富士ラビット

京都府

京都で自動車販売の草分けといわれる日光社の社屋として建てた3階建の商業ビル。社名の日光を象ったといわれる塔屋の意匠や古典的な柱のオーナメント、1階正面の自動車の描かれたステンドグラスなど様々な要素が混じり合った建物として知られている。

no-image

真宗本廟東本願寺 御影堂

京都府

真宗本廟東本願寺は,京都市街に壮大な伽藍を構える本山寺院である。現在の伽藍は元治元年(1864)の焼失後,幕末から昭和にかけて順次再興された。御影堂は明治28年の建立で,20世紀中葉以来の規模と形式を継承しており,我が国最大の平面規模をもつ雄壮な伝統木造建築である。御影堂と並立して両堂形式を構...

広告

日帰り山あるきベスト130 日帰り山あるきベスト130 関東周辺 (大人の遠足BOOK)
¥2,090


ジェイティビィパブリッシング
ランキング : 247位
CREA CREA Traveller 2020 Winter NO.60[雑誌]
¥1,200
CREA Traveller編集部 (編集)

文藝春秋
ランキング : 787位
春夏秋冬ぴあ 春夏秋冬ぴあ 日帰り遊び首都圏版2020-2021
¥620
ぴあレジャーMOOKS編集部 (編集)

ぴあ
ランキング : 488位

ライセンス