京都府庁旧本館

  • TOP
  • 京都府庁旧本館
no-image

概要

京都府庁旧本館は,京都御所の西方に位置し,明治37年12月20日に竣工した。設計は,文部技師久留正道の指導の下,京都府技師松室重光が担当した。
煉瓦造2階建,一部地下室付で,小屋組は木造トラス,屋根は天然スレート葺とする。平面は中庭をもつロ字形で,正面に車寄,背面に「議事堂」を突出する。石造風につくる優れた外観をもち,内部も正庁,大階段,議事堂など充実した室内意匠をもつ。
京都府庁旧本館は,明治中期における日本人建築家による本格的西洋建築であり,西洋建築様式習得のひとつの到達点を示す作品として重要である。
また,議事堂を一体化した府県庁舎建築の典型であり,明治以降の府県庁舎建築の定型として,以降の模範となったことでも歴史的意義が認められる。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 官公庁舎
住所 京都府京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 丸太町駅

近隣の観光スポット

no-image

旧舞鶴鎮守府乙号官舎

京都府

旧舞鶴鎮守府の中心地であった北吸に建つ。寄棟造桟瓦葺平入で、南側に座敷を並べて縁を廻し、北側中央に玄関を設ける。東半を接客、西半を生活の空間とし、東半北側は取次や客便所、西半北側は台所や風呂等を設ける。旧海軍の標準仕様による官舎建築。

no-image

山本家住宅土蔵

京都府

敷地北西隅に南北棟で建つ。桁行2間半,梁間2間で,土蔵造2階建,切妻造,桟瓦葺とする。2階両妻側に庇付窓を開き,1階東平面に戸口を開く。掛子塗の扉内側及び楣部を黒漆喰塗とし,外壁及び鉢巻を漆喰塗,腰を縦板張とし,整った外観を見せる。

no-image

岐美家住宅門

京都府

敷地南辺東寄りに開く。切妻造桟瓦葺、間口1・8メートルの腕木門で、左右に袖塀を付ける。軸部から軒まで磨き丸太で構成し、門口に引違いの格子戸、欄間に細丸竹を吹寄せに入れ、軒は吹寄せ疎垂木とする。袖塀は腰高に竪板を張る。端正で気品を備えた正門

広告

Hanako特別編集 Hanako特別編集 ゆっくり、沖縄。
¥439
マガジンハウス (編集)

マガジンハウス
ランキング : 690位
るるぶ大阪'20 るるぶ大阪'20 ちいサイズ (るるぶ情報版国内小型)
¥1,045


ジェイティビィパブリッシング
ランキング : 505位
男の隠れ家 男の隠れ家 2019年 6月号 No.273
¥693


三栄書房
ランキング : 1位

ライセンス