絹本著色益田元祥像〈狩野松栄筆/〉

  • TOP
  • 絹本著色益田元祥像〈狩野松栄筆/〉
no-image

概要

連錢葦毛の馬に乗り、手綱をとる甲冑姿の武将像である。兜、腹巻、大袖、喉輪はすべて銀小札の萌黄縅、籠手、佩楯、臑当は金色という華やかな出立ちである。腰には黄金造梨地家紋蒔絵の太刀をさすが、藤丸に久字の家紋は甲冑や鞍のあちこちに認められる。
像主は益田家第二十代当主、益田元祥(永禄元年・一五五八-寛永十七年・一六四〇)である。全牛紹〓大居士は元祥の法名である。元祥はまた「牛庵」とも号したが、箱書には「牛庵様御寿像」とある。益田氏は石見国益田を本拠とし、毛利家と同盟を結び、この元祥の代に永代家老の地位を得ている。元祥は天正元年(一五七三)に初陣して以来、度々の合戦に功名をあげており、本図はその雄姿をえがいたものと思われる。
本図は武将像として類例の少ない甲冑騎馬像として注目されるが、同時に「直信」印の存在によって狩野松栄(永正十六年・一五一九-文禄元年・一五九二)の手になる肖像画として特に重視される。松栄の肖像画の作例としては『兼見卿記』によって元亀三年(一五七二)十月に制作された「吉田兼右像」があったことが知られているが、残念ながら現存が確認できず、いまのところ本図が唯一の作例ということになる。
賛文は山口の正宗山洞春寺の住職、如天玄勲(慶安四年・一六五一没)の手になるもので、彼が同寺住職になった時期から考えて、元祥没後の後賛と考えられ、制作期の判断材料とはならない。ただし、松栄の作画の記録がさきの元亀三年(一五七二)の吉田兼右像が最後であることや、天正十一年(一五八三)ごろにえがかれた長興寺の「織田信長像」が次代の狩野元秀によってえがかれていることからすると、本図の制作はこの間のことと推測される。いずれにせよ筆に若干の震えがあり、松栄の晩年の作と考えられる。
元祥は胸に掛絡をさげている。禅宗に帰依した武将の出陣の装いとしてその心が察せられる。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 絵画
住所 島根県立石見美術館 島根県益田市有明町5-15
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 益田駅

広告

ことりっぷ ことりっぷ 鎌倉 江ノ電 (旅行ガイド)
¥880
昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社; 3版
ランキング : 147位
ことりっぷ ことりっぷ 広島・宮島 (旅行ガイド)
¥880
昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社; 3版
ランキング : 171位
& & Premium特別編集 暮らすように街を歩く、京都ガイド。 (マガジンハウスムック &Premium)
¥1,650


マガジンハウス
ランキング : 567位

ライセンス