旧真宗信徒生命保険株式会社本館(本願寺伝道院)

  • TOP
  • 旧真宗信徒生命保険株式会社本館(本願寺伝道院)
no-image

概要

旧真宗信徒生命保険株式会社本館は,本願寺を大株主とする真宗信徒生命保険株式会社の新社屋として明治44年に建てられた。設計は東京帝国大学教授の伊東忠太である。煉瓦造で外壁に煉瓦色の化粧タイルを張り,花崗岩の白帯を廻らせるなど英国風の様式を基調とするが,玄関上部のインド風のドームや六角塔屋,中国風の高欄など随所にアジア大陸の意匠を大胆に取り入れている。さらに組物を載せた柱,窓上の人字形割束を模した造形など,随所に日本建築を解釈,再構築した細部意匠を加え,独創的な意匠となっている。旧真宗信徒生命保険株式会社本館は,伊東忠太の建築進化論に基づく初期の代表作であり,我が国における建築様式の道程を体現した建築として価値が高い。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 商業・業務
住所 京都府京都市下京区油小路通正面下る玉本町199番地
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 五条駅

近隣の観光スポット

no-image

本願寺 鐘楼

京都府

本願寺は浄土真宗本願寺派の本山で,西本願寺と称し,通りに面して御影堂門と阿弥陀堂門を構え,経蔵,手水所,鼓楼などが建ち並ぶ。巨大な輪蔵を有する経蔵は延宝5年(1677)の建築で,内部の腰まわりには色鮮やかな有田焼の瓦を張る。御影堂門,阿弥陀堂門は大規模な四脚門で,独特の組物構成を持ち,彫刻や錺...

no-image

和田家住宅主屋

京都府

新町通に西面して建つ。桁行4間梁間2間の表屋の背後に、坪庭・玄関を介して、切妻屋根の台所と片流屋根の座敷を配する。新町通側の外観は、1階の北側を出格子、南側を荒格子とし、つし2階には切子格子を嵌めた伝統的な京町家の表構えを保持している。

no-image

本願寺 阿弥陀堂門

京都府

本願寺は浄土真宗本願寺派の本山で,西本願寺と称し,通りに面して御影堂門と阿弥陀堂門を構え,経蔵,手水所,鼓楼などが建ち並ぶ。巨大な輪蔵を有する経蔵は延宝5年(1677)の建築で,内部の腰まわりには色鮮やかな有田焼の瓦を張る。御影堂門,阿弥陀堂門は大規模な四脚門で,独特の組物構成を持ち,彫刻や錺...

広告

Pen+(ペン・プラス) Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 ひとり、京都。 (メディアハウスムック) ペンプラス
¥856
Pen+編集部 (編集)

CCCメディアハウス
ランキング : 136位
ことりっぷ ことりっぷ 高知 四万十・室戸 (昭文社)
¥880
昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社
ランキング : 741位
おとな旅プレミアム おとな旅プレミアム 伊勢・志摩 鳥羽 '19-'20年
¥990
TAC出版編集部 (著)

TAC出版; 19-20年版
ランキング : 614位

ライセンス