北野天満宮 透塀(右)

  • TOP
  • 北野天満宮 透塀(右)
no-image

概要

北野天満宮の今の建物は慶長十二年(一六〇六)豊臣秀賴が造営したもので、拝殿と本殿を石の間で連絡した権現造になる。 拝殿の東西に楽の間を、本殿の西に脇殿を附属している。 内部石の間の構架は雄大な手法をあらわし屋根も変化に富んでいて、所謂八棟造の形式になる。 近世初期神社建築の代表的な遺構である。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 神社
住所 京都府京都市上京区馬喰町
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 今出川駅

近隣の観光スポット

no-image

北野天満宮 本殿、石の間、拝殿及び楽の間

京都府

北野天満宮の今の建物は慶長十二年(一六〇六)豊臣秀賴が造営したもので、拝殿と本殿を石の間で連絡した権現造になる。 拝殿の東西に楽の間を、本殿の西に脇殿を附属している。 内部石の間の構架は雄大な手法をあらわし屋根も変化に富んでいて、所謂八棟造の形式になる。 近世初期神社建築の代表的な遺構である。

no-image

北野天満宮 後門

京都府

北野天満宮の今の建物は慶長十二年(一六〇六)豊臣秀賴が造営したもので、拝殿と本殿を石の間で連絡した権現造になる。 拝殿の東西に楽の間を、本殿の西に脇殿を附属している。 内部石の間の構架は雄大な手法をあらわし屋根も変化に富んでいて、所謂八棟造の形式になる。 近世初期神社建築の代表的な遺構である。

no-image

北野天満宮 透塀(左)

京都府

北野天満宮の今の建物は慶長十二年(一六〇六)豊臣秀賴が造営したもので、拝殿と本殿を石の間で連絡した権現造になる。 拝殿の東西に楽の間を、本殿の西に脇殿を附属している。 内部石の間の構架は雄大な手法をあらわし屋根も変化に富んでいて、所謂八棟造の形式になる。 近世初期神社建築の代表的な遺構である。

広告

ツバキ文具店の鎌倉案内 ツバキ文具店の鎌倉案内 (幻冬舎文庫)
¥550
ツバキ文具店 (著)

幻冬舎
ランキング : 603位
ことりっぷ ことりっぷ 鎌倉 湘南・葉山 (ことりっぷ国内版)
¥1
柏谷 直子 (編集),ヒグジム (編集)

昭文社; 1版
ランキング : 274位
ことりっぷ ことりっぷ えひめ 南予 (旅行ガイド)
¥880
昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社
ランキング : 997位

ライセンス