北野天満宮 東門

  • TOP
  • 北野天満宮 東門
no-image

概要

北野天満宮の今の建物は慶長十二年(一六〇六)豊臣秀賴が造営したもので、拝殿と本殿を石の間で連絡した権現造になる。 拝殿の東西に楽の間を、本殿の西に脇殿を附属している。 内部石の間の構架は雄大な手法をあらわし屋根も変化に富んでいて、所謂八棟造の形式になる。 近世初期神社建築の代表的な遺構である。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 神社
住所 京都府京都市上京区馬喰町
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 今出川駅

近隣の観光スポット

no-image

北野天満宮 後門

京都府

北野天満宮の今の建物は慶長十二年(一六〇六)豊臣秀賴が造営したもので、拝殿と本殿を石の間で連絡した権現造になる。 拝殿の東西に楽の間を、本殿の西に脇殿を附属している。 内部石の間の構架は雄大な手法をあらわし屋根も変化に富んでいて、所謂八棟造の形式になる。 近世初期神社建築の代表的な遺構である。

no-image

北野天満宮 透塀(左)

京都府

北野天満宮の今の建物は慶長十二年(一六〇六)豊臣秀賴が造営したもので、拝殿と本殿を石の間で連絡した権現造になる。 拝殿の東西に楽の間を、本殿の西に脇殿を附属している。 内部石の間の構架は雄大な手法をあらわし屋根も変化に富んでいて、所謂八棟造の形式になる。 近世初期神社建築の代表的な遺構である。

no-image

北野天満宮 廻廊(左)

京都府

北野天満宮の今の建物は慶長十二年(一六〇六)豊臣秀賴が造営したもので、拝殿と本殿を石の間で連絡した権現造になる。 拝殿の東西に楽の間を、本殿の西に脇殿を附属している。 内部石の間の構架は雄大な手法をあらわし屋根も変化に富んでいて、所謂八棟造の形式になる。 近世初期神社建築の代表的な遺構である。

広告

知れば楽しい古都散策 知れば楽しい古都散策 鎌倉謎解き街歩き (じっぴコンパクト新書)
¥880
原田 寛 (著)

実業之日本社
ランキング : 754位
日帰り山あるきベスト130 日帰り山あるきベスト130 関東周辺 (大人の遠足BOOK)
¥2,090


ジェイティビィパブリッシング
ランキング : 247位
東海の絶景山登り&ハイキング 東海の絶景山登り&ハイキング ウォーカームック
¥990


KADOKAWA
ランキング : 210位

ライセンス