遺愛学院(旧遺愛女学校) 本館

  • TOP
  • 遺愛学院(旧遺愛女学校) 本館
no-image

概要

遺愛女学校は,明治15年2月,函館市元町のハリストス正教会の隣地に創立され,明治後期に現在地へ移った。本館は,重要文化財となっている旧宣教師館と同じく明治41年の竣工で,設計はガーディナーによる。
木造2階建で,正面中央に車寄付玄関を設け,翼部と円形突部を加え,変化に富んだ構成になる。特徴的な旧講堂の空間構成など,内外とも意匠的に優れている。
遺愛学院(旧遺愛女学校)本館は,北海道における木造学校建築の代表作のひとつとして高い価値がある。また,設計者を含め建設経緯が明らかで,明治後期学校建築の指標となる遺構としても重要である。
建設関係文書計4点も附指定として保存を図る。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 学校
住所 北海道函館市杉並町23番地11
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 杉並町駅

近隣の観光スポット

no-image

遺愛学院(旧遺愛女学校) 旧宣教師館

北海道

遺愛女学校は,明治15年2月,函館市元町のハリストス正教会の隣地に創立され,明治後期に現在地へ移った。 本館は,重要文化財となっている旧宣教師館と同じく明治41年の竣工で,設計はガーディナーによる。 木造2階建で,正面中央に車寄付玄関を設け,翼部と円形突部を加え,変化に富んだ構成になる。特徴的...

no-image

遺愛学院(旧遺愛女学校)謝恩館

北海道

遺愛学院本館の正面左手前に渡廊下で接続する木造2階建で,屋根は寄棟造の鉄板葺である。焼過煉瓦の基礎に建ち,外壁は柱形付の下見板張で,腰を縦羽目板張とする。胴蛇腹と引違いの連窓で水平線を強調している。本館と調和のとれた外観を呈している。

no-image

函館YWCA会館

北海道

元は専用住宅として建てられたもの。木造一部二階建鋼板葺で非対称な外観を持ち、外壁は妻面上部に柱型や格子状の装飾を見せてアクセントとする他は下見板張とする。正面玄関庇は緩い照り起りの曲線を見せる。昭和前期に建設された郊外住宅の趣きを示す。

広告

ことりっぷ ことりっぷ 四国 (旅行ガイド)
¥880
昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社; 第2版
ランキング : 511位
ことりっぷ ことりっぷ 高知 四万十・室戸 (昭文社)
¥880
昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社
ランキング : 741位
関西春Walker2020 関西春Walker2020 ウォーカームック
¥715


KADOKAWA
ランキング : 326位

ライセンス