二条城二之丸御殿障壁画

  • TOP
  • 二条城二之丸御殿障壁画
no-image

概要

二条城は徳川家康の宿所として築城されたものであるが、現在の建物は、後水尾天皇の行幸を迎えるために、小堀政一を作事奉行として、寛永元年(一六二四)から三年にかけて行われた、増改築にともなって建てられたものとされる。二之丸御殿は遠侍、式台、大広間、黒書院、白書院の五棟からなり、城館建築の代表例として、建造物の国宝に指定されている。各棟内部にはほとんど当初のまま保存された障壁画が現存しており、今日、城館と一体となってみることができる障壁画として唯一の例とされる。これらの筆者としては、幕府御用絵師であった狩野探幽を筆頭とする狩野派一門が考えられ、桃山時代障壁画の雄大な画風をなお色濃く伝えている。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 絵画
住所 元離宮二条城 京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 二条城前駅

近隣の観光スポット

広告

まっぷる まっぷる 京都・大阪・神戸'20 (マップルマガジン 関西)
¥990
昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社
ランキング : 305位
Hanako特別編集 Hanako特別編集 最新 鎌倉(マガジンハウスムック)
¥968


マガジンハウス
ランキング : 394位
& & Premium特別編集 暮らすように街を歩く、京都ガイド。 (マガジンハウスムック &Premium)
¥1,650


マガジンハウス
ランキング : 567位

ライセンス