幼学指南鈔(巻第七、第二十二中/)

  • TOP
  • 幼学指南鈔(巻第七、第二十二中/)
no-image

概要

『幼学指南鈔』は、国宝『秘府略【ひふりゃく】』に次いで古い平安時代に編纂された漢文の類書である。編者や成立の事情などを明らかにしない。意味分類のもとに、当時の代表的な文献である『毛詩』『礼記』『春秋』『説文』『史記』『漢書』『山海経』など、ことに『文選』を最多引用した漢籍の一大分類文集であり、唐代の類書『初学記』(三〇巻)を参考・基準にして、漢学者の漢文学習教材として編纂した性格がうかがわれる。現存する巻次によって、目録一巻、本文三〇巻の三一帖であったと考えられている。
『幼学指南鈔』は、本書の一連の古写本が現存するのみである。重要文化財の大東急記念文庫本(六帖)・東京国立博物館本(旧梅沢記念館本、一帖)・陽明文庫本(二帖)と重要美術品のお茶の水図書館本(二帖)、さらに台湾の故宮博物院本(楊守敬旧蔵本、一〇帖)が確認されている。
本書の体裁は粘葉装。料紙には雲母引の楮紙打紙を用い、押界を施している。首・尾題はない。本文は半葉七行、一行一七字前後に書写する。まず標目を掲げ、次に項目を示す。項目の説明は一字下げにて記す。標目上に朱の丸点が付されている。文中まま加筆、摺消訂正がある。説明の典拠となる本文を示しているが、国書を引かず、和訓も付していない。引用されている書目のなかには、今日佚書となっている逸文を伝えている。佚書として『語林』などが確認できる。
『巻第七』では「巻第七」と巻次を記し、次いで「人部一」と部名を掲げている。次に「美大夫」「美婦人」などの標目を記載している。同じく「人部二」の記載が続く。
『巻第廿二』は、表紙に「丗一冊之内」(右下)とある。「巻第廿二〈中〉」と巻次を記し、次いで「巧藝部〈下〉」と部名を掲げている。次に「射」「馭」などの項目を記載している。同じように「方術部」「火部下」の記載が続く。
二帖とも、巻末に「覺瑜」と墨書があり、本文とは別筆で伝領者名であると思われる。「覺瑜」は仁和寺真光院覚瑜法印(『仁和寺諸院家記』)で、平安時代後期の人物である。
本書は奥書がないものの、書風などから平安時代後期の書写と認められる。書写年代が撰述の年代とあまり隔たっておらず、原本の構成を知ることができるとともに稀覯の類書の古写本として貴重である。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 書跡・典籍
住所 京都府京都市左京区吉田本町
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 出町柳駅

近隣の観光スポット

no-image

関西日仏学館

京都府

20世紀フランスを代表する建築家ペレの弟子メストラレが基本設計にあたる。ペレ流の洗練された柱型と軒線がつくる古典主義的骨格に,要所の曲面が優美さを与える。東大路通に面して建ち,京都大学の諸建築とともに学園街を形成する。

no-image

清風荘 土蔵

京都府

清風荘は鴨川の東、今出川通の北側に所在する。西園寺公望の京都私邸として住友家が建設したもので、大正元年に主屋が完成し、大正5年までに附属の建物が整えられた。 敷地の西半に主屋を中心として建物を配し、東に離れ、北に土蔵と納屋、附属屋、南に茶室、西に正門を設ける。主屋は各部屋を大小の中庭を介して接...

広告

まっぷる まっぷる 超詳細! 大阪さんぽ地図mini (マップルマガジン 関西)
¥1,045
昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社
ランキング : 038位
奈良社寺案内 奈良社寺案内 散策&観賞 奈良大和路編 2019~2020年版 古都の美術・歴史を訪ねて【主要拝観・見学施設110件掲載。修学旅行・校外学習・自主研修・事前学習教材】
¥550
木下長宏 (著),ユニプラン編集部 (編集)

ユニプラン; 最新版
ランキング : 303位
Casa Casa BRUTUS特別編集 京都
¥1,009
マガジンハウス (編集)

マガジンハウス
ランキング : 685位

ライセンス