今昔物語集

  • TOP
  • 今昔物語集
no-image

概要

『今昔物語集』はわが国最大の説話集で、その成立は十二世紀前半と考えられている。
この京都大学図書館所蔵になる鈴鹿本は、現存『今昔物語集』諸写本の祖本として著明な古写本で、巻第二・五・七・九・十・十二・十七・廿七・廿九の九巻分を存する。体裁は大判の袋綴冊子本で、近年の修理になる新補朽葉表紙を付している。原表紙は料紙共紙で外題はなく、本文料紙は楮紙に天単罫の押界を施している。各冊首に「今昔物語集巻第『幾』」と首題を掲げ、一字下げに部立を記し、ついで各標目を一行(巻十七は二段)に書すが、この「今昔物語集」の書名は本書によってのみ確定できるものである。本文は「今昔」で始まり、半葉一一行、行およそ二八字前後に「トナム語リ伝ヘタルトヤ」の形で統一された宣名書の片仮名交り文で、片仮名は小字で右寄せまたは割書し、文中には黒仮名点、声点が付されている。書写奥書はないが、その大判の体裁や料紙、書風等よりみて、鎌倉時代中期の書写本と認められる。
本書の本朝部諸本の一部には、後筆で「総六丸」の披見識語があり、うち巻第廿七には「一見畢、南井房内総六丸、此比春日大社開門尤以目出タシ」云々とみえている。この識語は『大乗院日記目録』文安三年(一四四六)七月条の記事に一致し、『経覚私要鈔』宝徳三年(一四五一)七月四日条にみる今昔の貸借記事と相まって、本書の南都での伝来を考えるうえに注目される。

基本情報

ジャンル 見る その他 国宝 書跡・典籍
住所 京都府京都市左京区吉田本町
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 出町柳駅

近隣の観光スポット

no-image

京都大学文学部陳列館

京都府

京都帝大拡張期の代表的建築で,陳列館としての記念碑的性格を有する。ブロークンペディメントや楕円形の窓などネオバロックに傾斜しながらも,細部装飾にはセセッション的意匠が認められ大正期建築の特徴をも示す。京大営繕の山本治兵衛と永瀬狂三の設計。

no-image

幼学指南鈔(巻第七、第二十二中/)

京都府

『幼学指南鈔』は、国宝『秘府略【ひふりゃく】』に次いで古い平安時代に編纂された漢文の類書である。編者や成立の事情などを明らかにしない。意味分類のもとに、当時の代表的な文献である『毛詩』『礼記』『春秋』『説文』『史記』『漢書』『山海経』など、ことに『文選』を最多引用した漢籍の一大分類文集であり、...

広告

有川浩の高知案内 有川浩の高知案内 (ダ・ヴィンチブックス)
¥1,210
有川 浩 (著),ダ・ヴィンチ編集部 (編集)

KADOKAWA
ランキング : 435位
日帰り山あるき 日帰り山あるき 東海 (大人の遠足BOOK)
¥1,870


ジェイティビィパブリッシング
ランキング : 338位
旅行ガイド 旅行ガイド (ことりっぷ 倉敷・尾道・瀬戸内の島)
¥880
昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社; 3版
ランキング : 152位

ライセンス