旧網走刑務所二見ヶ岡刑務支所(二見ヶ岡農場) 庁舎

  • TOP
  • 旧網走刑務所二見ヶ岡刑務支所(二見ヶ岡農場) 庁舎
no-image

概要

旧網走刑務所二見ヶ岡刑務支所は,明治29年,北海道集治監網走分監の屈斜路外役所として,広大な土地で農業を行い自給自足を図るため開設された。昭和4年に網走刑務所二見ヶ岡刑務支所となり,平成11年博物館に移築された。施設は明治29年建築の庁舎,舎房,炊場と,大正15年に増築された教誨堂及び食堂,昭和5年の鍵鎖附着所からなる。全国でも珍しい農園を持つ刑務所の建築群で,当初に遡る主要建物を良く残し,特に舎房は明治中期に遡る獄舎建築として歴史的価値が高い。また一連の施設を残している点でも貴重で,刑務所の構外農園施設の発展過程をよく示しており,行刑史上高い価値が認められる。

基本情報

ジャンル 見る 文化財 重要文化財 官公庁舎
住所 北海道網走市呼人三番地
電話番号-
URL -

アクセス

最寄り駅: 網走駅

近隣の観光スポット

no-image

旧網走刑務所二見ヶ岡刑務支所(二見ヶ岡農場) 教誨堂及び食堂

北海道

旧網走刑務所二見ヶ岡刑務支所は,明治29年,北海道集治監網走分監の屈斜路外役所として,広大な土地で農業を行い自給自足を図るため開設された。昭和4年に網走刑務所二見ヶ岡刑務支所となり,平成11年博物館に移築された。施設は明治29年建築の庁舎,舎房,炊場と,大正15年に増築された教誨堂及び食堂,昭...

no-image

旧網走監獄 庁舎

北海道

網走監獄は明治23年に網走囚徒外役所を設置したことに始まり,明治36年監獄官制発布に伴い網走監獄となった。明治42年に火災により建物の大半を焼失し,現在の建物は明治45年に再建されたものである。設計は司法省で,収容者の手により施工された。その後刑務所の改築計画に伴い昭和56年以降建造物が順次現...

no-image

博物館網走監獄西門哨舎

北海道

もと網走監獄西門で、主に業者の出入りを点検した。六角形平面の木造、鉄板葺、建築面積三平方メートルで、一面に片開き戸を設け、他五面に引違い窓を配し、腰は下見板を張る。軒破風下端には雲形の装飾を設けるなど細部に意匠を凝らす。

広告

ことりっぷ ことりっぷ 高知 四万十・室戸 (昭文社)
¥880
昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社
ランキング : 741位
ことりっぷ ことりっぷ 鎌倉 湘南・葉山 (ことりっぷ国内版)
¥1
柏谷 直子 (編集),ヒグジム (編集)

昭文社; 1版
ランキング : 274位
ことりっぷ ことりっぷ 沖縄 (まっぷる)
¥660
昭文社 (著)

昭文社
ランキング : 2444位

ライセンス